2021年04月18日

さいしゅうそう。[はーといっぱい]

(c)3.tomy タイトル、あえてひらがな。
変換するなら、「最終 sew」。
上半分と下半分に合体し続けたブロック達、この1直線を縫いきれば、トップ合体完了。
キルティング前にデコる予定はないので、トップ完成!
ずっと、大きなキルトばかり縫っていたので、1mくらいのサイズの縫う分だけの「制作時間」が今一つ、見積もれず。
大きなキルトだと、ふっと気が付くと1か月はさらっと過ぎていて、いつからだっけ?と過去ブログを繰ると、半年たっていたりする。
そういう感覚で1mくらいのサイズのキルトを作っていると、「あれ?もう終わり?」と不思議感。

逆に、1mくらいのサイズの感覚になれると、大きなキルトのときに「あれ?まだまだ?」と思うのかなぁ。


joyfultulip at 10:19|PermalinkComments(0) タペストリー(S) 

2021年04月16日

三択、煮え切らん。[青葉]

どれでもいいような、どれでも微妙なような。
なんだか煮え切らん気分。
とりあえず、どれにでも使える基本ブロックを1つ縫ってみればいいか?
ちっちゃなPCの絵の中でぶにゃりんぶにゃりんと煮え切らず、くるくるマウスを空回ししててもらちが明かないか?

2年前なら、ぶらっと手芸店をのぞきに出掛けたり、なにかやってるか?と美術館にふらっとでかけたり。
しかし、一足先に宣言がでている東京の2つの多摩地区の市と23区に隣接の神奈川県、第3弾組に仲間入りが今日決定するらしい。
この1年の日常と、さして変わるわけではなく、ぶらっと手芸店にでかけるわけでも、ふらっと美術館に行こうとするわけでもないんだけど。
宣言入りの境界線が、今ある都県境から、県内の市境にちょっと南下するだけなんだけど。
南下するってことは、今「こっちは9時、あっちは8時」と言ってるのがここの市民からお隣の市民たちの言葉にかわるだけ。
そんなことを思いながら、TVでフィギュアスケートを見てたら、なんと会場は大阪だった。
大阪では、学生たちは部活動停止、オンライン授業開始、でも有料イベントなら対策とるから、開催可能。
なんだか、変。
盛り上がってるような映像に、大好きなフィギュアスケートの中継ですら、ちょっと複雑な気分に陥ってしまった。

デザインの煮え切らなさには、こんな気分的なサゲサゲ感の影響がある...というのはオオゲサではないだろう(と言い訳が)。


(c)3.tomy


joyfultulip at 10:41|PermalinkComments(0) ベッドカバー 

2021年04月14日

たった1僉△気譴鼻1cm。[はーといっぱい]

(c)3.tomy ほとんどが2cmを単位にしているんだけど、1カ所、3cmが単位にしたところがある。
まったく同じブロックを2cmサイズで作り上げていくのと、3cmサイズで作るのってぜんっぜん違う。
さすがの私でも、2cmくらいなら、端・端の2か所まち針で縫おうと思うが、たった1竸びただけの3cmだと、真ん中1本のまち針を省略する勇気がでない。
(え?そんなところに「勇気」とは言わん?)

なにより、3僖汽ぅ困能侏莨紊ったブロックは、2cmサイズで出来上がったブロックのように「ちっちゃ〜い!かわいいぃ〜!」と黄色い声を出す気が起きない。
不思議だ。
ピースの単位サイズがたった1cm違うだけなのに。
なかなか、正方形のワンパッチも奥が深いねぇ〜。


全然、話が変わるが。
まち針を刺している針刺しは、小さなゴーフレットが入っていたタイガース缶に、羊毛をぎゅぎゅっと詰め込んだもの(不要時はタイガースのマスコットがプリントされてる蓋をして湿気除け)。
写真見ながら、「今、タイガース、調子いいねぇ〜」とふと思った。
ただ、それだけ。

joyfultulip at 13:40|PermalinkComments(0) タペストリー(S) 

2021年04月12日

デザイン、再始動。[青葉]

(c)3.tomy 何となく、コンナカンジィ〜で放置していること約1か月。
はーといっぱい」もひたすら”縫う”へ突入し、無事、展示会任務もほぼ完了(最終完了日はオンライン展示会の閉幕日 5月9日だけど)したこともあって、気持ちに余裕がでてきた。

ならば、続きを仕上げましょ!ということで、PC作業再開。

ほったらかしすぎて、しばし、ファイル名を見つめること数秒。
今回は、放置があることをわかってたらしき私は、ちゃーんと却下案は別に仕分けして、ファイルが整理されていて、良さそうと思ったプランAとプランBだけが残ってる!とにんまり。
ただ。
ファイルをあけて、「背景がピンク?」と、背景をピンクにぬって遊んでいた1か月前にびっくり。
青にピンクかぁ〜。
桜が散っちゃうと、なぜか、ピンク気分も散っちゃうのかな?
今日の私はピンクにピンとこない。


さて、ファイルもわかった(思い出した)ことだし、デザインを縫い始めよう!と思えるところまでしあげましょ。


joyfultulip at 13:07|PermalinkComments(0) ベッドカバー 

2021年04月11日

ベッドカバー:パンダの見る夢 完成!

(joyfultulip instagram) この2月に棒通し布をつけていたキルト、完成画像とともに苦心したタイトルも公開。
(画像はクリックすると、拡大画像をインスタグラムで表示。)

こちらも、本日最終日の角木綿子パッチワークキルトサークル展にて展示中。
ずーっとタイトルに「パンダ」を入れたかったのだが、なかなかうまくハマらず、結局、このキルトはベッドカバーとして使う予定だから、ベッドからの連想タイトルに落ち着いたという。
縦も横も230僂鯆兇┐討い訥饗臺キルトゆえに、展示の際にバーを2本結合したとオンライン展示会用撮影に会場に着いた際に聞いた。
お手数おかけしつつも、ぴしっと展示いただけて幸せ。
リングがかっくんかっくんしているのは、リングを構成しているパーツがすべて六角形だから。
牛密時」をのんきに作ってたのは、こちらが仕上がっていたから。
タイトルにパンダを入れたくこだわった理由は、ひょっとするとオンライン展示会上にある部分アップでわかるかも?しれない。
と書いたけど、私が見ても微妙?

本当は、実物を見て、いろいろなところを楽しんでいただきたいけど、このご時世、そして今日が展示最終日(16:00まで)。
まだ、今の状況を感じてもいなかった2019年の展示会終了後から企画準備が始まり、いろいろあった2020年のstay homeの結晶としての作品群は、来月9日までオンライン展示会場で閲覧可能。
スライドショーで順に表示されるを楽しむもよし、気になる作品のサムネイル画像をクリック、拡大して楽しむのもよし。何度でも、何時でも楽しめるオンライン会場は来月9日まで開催中。

joyfultulip at 10:29|PermalinkComments(1) タペストリー・ベッドカバー 

2021年04月10日

完成!牛密時(ひざかけ)

(joyfultulip instagram) 昨年12月に仕上げたひざかけ、完成画像とともにタイトル大公開〜!
(画像はクリックすると、拡大画像をインスタグラムで表示。)
ま、「大」は余計か。

こちらの制作のきっかけは、昨日開幕、明日まで展示中の角木綿子パッチワークキルトサークル展。
きっかけは展示会(壁に飾る)だったのに、用途はひざかけって?とは思うけど。ひざかけとして作ってたので、当初タイトルは全く考えてなかった。
というのも、もう1枚、作品はできてたから。
ところが、こちらも「飾りましょ!」の温かいお言葉をいただき、急遽必要になったのはタイトル。
そもそもデザイン時になにかタイトルにつながるイメージがあったわけではなかったのが、タイトル難を起こした!
うーん...と思っている後ろでついているTVから聞こえてくる、「蜜を避けて...」といつもの必須注意情報とともに流される今日の数字。
「この牛は、密だよねぇ〜。でもかんけーねーだよねぇ〜」と古ーいギャグ交じりにつぶやいたとき、タイトルは決まった!
そして、ニンマリ。

「牛密時」。

昨日、展示会お当番時にもタイトルを褒められ、「いいでしょ〜!」と謙遜のけの雰囲気もなく胸をはる私。
いや、見てもらうところそっちじゃないっしょ?な突っ込みなど、まーったく関係ない。
なんでも褒めてもらえれば、それでいいのだ!
美しきキルト、大人な雰囲気のキルト、渋くいぶし銀ひかるキルトのような、麗しき針仕事はみなさんの作品たちにお任せ。
このご時世、ちょっと気持ち愉快に「にやっ」とほほ笑めれば、このキルトが壁を飾った価値大!

そして、このご時世、なかなか、会場へお越しいただくことは難しく、今回初の開催となったオンライン会場。
スライドショーで順に表示されるを楽しむもよし、気になる作品のサムネイル画像をクリック、拡大して楽しむのもよし。何度でも、何時でも楽しめるオンライン会場は来月9日まで開催中。

joyfultulip at 12:29|PermalinkComments(0) タペストリー・ベッドカバー 

2021年04月09日

生で!ネットで! キルト展始まる!

(c)3.tomy
本日10時より、11日16時まで JR武蔵小金井駅 駅前 にある 小金井 宮地楽器ホール 市民ギャラリーにて「角木綿子パッチワークキルトサークル展」が開催。

わずか1日、その設営などで情報から離れただけでも浦島さんになってしまうような、日々、刻々と変化する状況下、遠方寄りのお越しのお誘いは難しく。
今回、初めて「オンライン展示会」会場も設営!
オンライン会場については初の試みの上に、最小作業人による設営につき、不手際などもあるかとは担当者の言だけど、そこは次回で改善。
(この言いぐさで担当者がこれを書いたと分ろうかと-苦笑)
少しでも、個々の素晴らしき針仕事をご覧いただけたら幸いなり。

お越しいただける方は、案内はがき作品であり、キルトジャパンメモリアル号掲載作品の角木綿子先生のこちらのキルトを生鑑賞可能!
古き生地の雰囲気は写真では難しい〜。

お越しの際は、それぞれ対策をおとりの上、お気をつけてお越しください。

オンライン会場は5月9日まで

joyfultulip at 10:00|PermalinkComments(0) アート 

2021年04月05日

2cm四角ってかわいい。[はーといっぱい]

(joyfultulip instagram) 出来上がり2僂世函∨イぢ紊ついたままの四角は3.5cm。
このサイズでの、ぐるりと取り囲む1.5僂遼イぢ緤は見た目への影響大。
縫いあがると、「わ!ちっちゃ!」でかわいい。
ひとり、ちっちゃい2僂澆董△砲笋砲筺

指ぬき使った日本の伝統(!)な運針が不得意ゆえに、一気には縫えないはめ込み縫いが大好き。
ずずずぃ〜と伸びた直線縫いだと、運針下手ののろのろお針は、「ぴえん」。
だけど、はめ込みジグザグだと、きき〜っとブレーキしょっちゅうだから、みんなのろのろだもん。

そういえば、すっかり忘れてたけど、ぐし縫いなピーシングって糸くずまみれになってえらいこっちゃなんだったっけ。
お針箱の横に一番小型のコロコロ粘着テープをスタンバイさせるように配置換え。



joyfultulip at 13:41|PermalinkComments(0) タペストリー(S) 

2021年04月03日

キルトの洗濯[fd-ring]

(c)3.tomy 記録をさかのぼると、開始は2019年夏だった。
読み返すと、「はーといっぱい」プロジェクトのために開封した材料袋のデザインのことをぶつぶつ書いているのに気が付いた。
つまり、開けて使っちゃっている材料たちのために描いたデザイン画は、未だに着手する気力がでてないってことだわ。
おまけに、この時にも「青のキルト」とぶつぶつ記録している。
これまた、「青」もテーマとしてずーっと頭の中だけで転がってるってわけだ。

そんな「黒」が必要なキルトデザインを冬眠させたまま、「青」が作りたいねぇと思ったまま、ペーパーライナー三昧でキルトを作ること1年8か月。
無事、2枚のキルト完成。
このキルトは、トラプントの予定はないデザインになっているため、乾けば「完」である。

そして、仕掛中は「はーといっぱい」だけになったので、75%くらいでデザイン画かきが止まってるキルトも、ぼちぼち、絵を完成しなきゃ”とは”考えている。


joyfultulip at 09:37|PermalinkComments(0) タペストリー(S) 

2021年04月01日

ちょっと縫ってみる。[はーといっぱい]

(c)3.tomy 印付け、終わってないけど。
待ちきれず、ちょっと縫ってみる。

久しぶりのぐし縫い、なんかぎこちない針さばき。


春の高校野球、決勝さよなら、ゲームセット。
基本的には画面を見ていないので、録音放送でのブラスバンドの応援演奏でも違和感ないのが、ぎゃくに違和感?


joyfultulip at 15:14|PermalinkComments(0) タペストリー(S)