らくがき

2023年05月20日

狸に会えなかった、曇天の陶器市

(c)3.tomy 定期的にやってくる全国陶器市。
会場一部が改装中のためもあり、今回はちょっと小規模。
とりあえず、の駆けつけ一枚!ではあるが、すっごい空色だわ(笑)。

前回、出かけた時に手に入れたどんぶりが私の盛り付けとの相性がよく、とっても使い勝手がいい!ということで、もう1個、同じサイズを探してみようと。
運よく、前回と同じデザイン・サイズのものがあったが、同じの2個はツマラン!という、アマノジャクな判断で同じサイズ、柄の全く違うものを1個購入。

そういえば、陶器市といえば!の狸たちは、今回はいなかったなぁ。
やっぱり小規模化による影響なのかなぁ。

というより、そもそも、あの狸たちって、各地を巡回している陶器市で売れる…の?
狸を探し・求めてる人は、そもそも陶器市のような「あるかな?」なところじゃなく、「あるよね」の産地にでむくような?
いや、偶然の出会いで連れ帰る人がいるのか?

会えないと、会いたかったなぁ〜とおもう、狸たち。

joyfultulip at 16:11|PermalinkComments(0)

2023年05月18日

”ちゃんと”サイズな苺と”ちっちゃい”サイズな苺

(joyfultulip instagram) ジャム用などと言って売られているくらいのサイズだけど、やっと、「ちゃんと」サイズの苺収穫。
このくらいのが、いちご泥棒にあっていた最初の結実群だったと思うと、かえすがえすもクヤシイ。

ちっちゃいほうは、野イチゴのようなサイズで、味もちょっとばかりワイルド。

5月なのに気温が上がりまくってるせいで、ランナーがどんどん発生。
今年は、どのくらい苗をとろうか?

いちご泥棒のためにも?

joyfultulip at 15:20|PermalinkComments(0)

2023年05月02日

いちご泥棒!!!!!!!!!!!!

いままでよーっぽどおいしそうではなかったんだろうねぇ。

今年は、ここまで順調にそれなりの収穫量を期待できそうなだけの株数が育って、花もいっぱい咲いて、実も順調にそだっていた苺。
一度足りと、満足に「収穫!」と喜べたことがないのに、いっぱいランナーから作った株が一度に結実したら、「食べきれないだろう」と余計な心配をして(笑)、3カ所の日当たり・温度の違うところにそれぞれ鉢を分けて並べて育てている、苺。
4日前、数粒収穫し、まだ青くさみを味に感じたから、あと2日はまったほうがいいなと思い...。
昨日は、「明日がいいな!」と思い...。


「苺の実、落ちてるよ?」

え?
昨日の強風で落ちたのか、そんなことを思って見てみると、1つ、2つの話ではなく、私が狙っていた「今日の収穫候補たち」の赤がいない!
下に、食べ散らかされたヘタが数個分とかじりかけ(青くてやめたのか(怒)!)数個。

「1個、2個じゃないじゃない! 何個もやられてるじゃん!」

うー、どこかにくちばしを赤くしたヤツが明日をとも楽しみに昼寝してるんだろうか。
(c)3.tomy
悔しくって、残っていてとってもよさそうなものを慌てて収穫。
気温のおかげか、前回より色味は同じくらいでも甘〜く、苺らしい味。
香りもしっかり苺。

くぅ〜。
「いちご泥棒」はモリスの世界だけで十分だぁ〜!


ほんっと、春の鳥の声って嫌い。
犯鳥の種類は不明。
鳴き声違いだけで区別しても、4〜6種類はいる。
ま、くちばしの大きさからいって、まっ黒なあいつは違うだろうとはおもうけど。 いや、くちばしの大きさに似合わず、ぷちっと苺の実をついばめるのか?

くぁ〜。


joyfultulip at 13:51|PermalinkComments(0)

2023年03月31日

端っこ、捨て縫い。:shoofly

(c)3.tomy 縁を成形する前の捨て縫い中。
片手間に新球場のオープニングゲームをちらりほらりの昨晩。
そして、年度末。
このキルトはきれいな区切りとはならず、新年度に持ち越し。

というより、仕掛中はみーんな持越し。
そんなもん。



続きを読む

joyfultulip at 16:28|PermalinkComments(0)

2023年03月26日

桜 in 水かがみ

(c)3.tomy 人混み必須な都内の桜の名所とやらでの花見はもともと予定にないので良いのだが、ふわ〜と咲いてる桜はゆっくりと見たいなぁ〜と思っていた。
昨日も今日も雨予報の関東地方。
車で出かけた際には、桜並木をぱぁ〜と通り抜け、「きれ〜」は連発はしたものの、やっぱり、シロートカメラマンごっこも楽しみたい。
雨の小休止となった夕方出かけてみた。

雨には雨の良い点あり。
たっぷり降ったゆえに、大きな水たまりがそこかしこにできていて、そこにうっすら浮かぶ花びらと写り込む、まだまだしっかり満開!な桜。
タイミングを見計らったかのように、枝から滴った水滴が作った波紋。
へたっぴカメラマンの腕でもしっかりとらえられてご満悦。


今日も朝からしとしとぴっちゃん。
もっと花びら散っちゃうかな。

joyfultulip at 10:43|PermalinkComments(0)

2023年03月20日

苺とムスカリの共演。

(c)3.tomy 例年、いつから苺が咲きだしてるのか覚えてないけど、ムスカリと一緒ではなかったような。
あっちこっちにランナーから増やした苺の株はあれど、いかんせん、ほったらかしガーデナーなので、おいしそうにみえる苺の実となったことが数少ない。
今年は、同時に一気に開花が始まったのに、”無事気が付いた”ので、肥料を少々あげてみようと気が付けた。
さて、おいしそうにみえる苺(味よりも、まず、見た目!)になるだろうか?

なるといいな。


joyfultulip at 12:36|PermalinkComments(0)

2023年01月06日

初売り、やばし。

(c)3.tomy 今日のお昼までは、知らなかった「今日が初売り日」というお店。
知ってしまうと、寄ってしまう(笑)。
初売りは、一部を除き半額。

やばい。


お店を出た時には、エコバック1つがいっぱい。
今年、これからデザインを始めようかなぁなんて思ってるキルトとかと関係ないのに、ついつい、手がでちゃった。
やっぱり、これは1つは予定変更すべし!というお告げかなぁ(笑)。
とりあえず、まずはお洗濯。
あ、でも明日は無理そうな予報の天気だ。

なんだろうねぇ?
新入り(古着でも)があるとウキウキしてきちゃうのは。




joyfultulip at 14:07|PermalinkComments(0)

2023年01月04日

迎春ねぶたを撮ったら。

(joyfultulip instagram) 初詣を終え、記念にとってきた恒例の迎春ねぶたの写真を見たら...。

ん?

おぉ。
シロートカメラじゃ、狙ったらフレームアウトして写せない飛ぶ鳥+迎春ねぶたなんて写真が取れてた!
こりゃぁ、新年早々縁起がいいねぇ!(鳥の撮影が縁起物だとは思わないけど、ラッキーがあればこう言ってもいいよね?)
寒川神社の迎春ねぶた(写真に私がとったinstagramへのリンクあり。タップ/クリックして見て)は夜間ライトアップされるそう。
ねぶたとついている通り、青森ねぶた師による制作だそう。


joyfultulip at 14:15|PermalinkComments(0)

2022年12月31日

いっぱい楽しんだ2022年の振り返り。

2022年最終日、なにが仕上がったかなぁ〜と振り返ると結構、「仕上がった」ものあり。
(仕掛けたのがいつ?というのも含め...だけど)

1月に完成したの(実質、制作期間のほとんどは2021年)は、長年憧れた(なぜかは今となるとよくわからないんだけど)Englisy Ivyのパターンでデザイン・制作したキルト。
(c)3.tomy

続いて、11月に開催された展示会の企画に合わせて制作したクッション2つ。
そういえば、この企画に合わせて、アドベントカレンダーの1日分や、ツリーの額キルトも作ったなぁ。
(c)3.tomy

ステッチもこのあたりから再開し始め、フリーステッチのキットで額とか、超長期在庫だったクロスステッチキットで額とか。
ステッチと一緒に楽しんだのは、第6回キルトジャパンコンテストのテーマ「希望」をもとにデザイン・制作したキルト。幸せな結果が届き今年の一大成果になったなぁ。
(c)3.tomy

ここで「文字」にちょっと感度が向いたのか、春先に入れ替えたキルトが「小さいよぉ、もう少し大きいの貸して〜」との実家からの話を思い出し、どーんと「寿」の文字をデザインしたキルトを制作、11月の展示会後、実家に寄贈(<-なんかカッコよい言い方だよね? これ)。
(c)3.tomy

超長期在庫のクロスステッチを掘り出したことで思い出したかのように、トップ仕上げてほったらかされていたパターンを思い出し、引っ張り出して、2つ(これこれ)は仕上げた(まだ、UFOは我が家に存在する...)。
そのほか、レッスンで教わったことを取り入れてメッセンジャーバッグを作ったり、おめでたい風呂敷モチーフの額を作ったり。
最後のレッスンの「卯」は、明日、ご挨拶画像でアップできるようにがんばった!し。

うん!
2022年のお針時間は充実してた!
何より、「デザイン」が楽しかった1年。レッスンで学ぶ種をどう育てるか?それが楽しかったなぁ。(内容によっては作品見本・レシピもあるんだけど、なぜか、そのまま作ろうとしない1年だったとも...。)

積み残し(仕掛り中)としては、2021年からの持ち越しで「黄色だ!」と盛り上がって初めて頓挫させているデザインのキルトがあるが、これは事情により2023年も休眠の可能性が高い。
稼働中(制作中)のものとは、現在、絶賛キルティング中のshooflyのパターンのキルト。もちろん、年始からも絶賛キルティングゥ〜予定。
もちろん、新作のアイディアメモは溜まってるし、微妙(大量の間違いか?)に材料を買い足してるし...ということでデザインを始める気は満々。
12月に大量購入した刺繍糸があるため、クロスステッチは次の図案に合わせて生地を準備さえすれば、始まる予定だけど、ステッチが完了しただけのクロスが2つ今年増えたため、まずはそれを仕立てるのが先かなぁ...。

やる事・できる事・やりたい事いっぱい。
2023年も私らしく、楽しもう!


よいお年を。


joyfultulip at 10:30|PermalinkComments(0)

2022年12月07日

買い出し。

(c)3.tomy 刺したいなぁ〜とおもったかわいい図案。
色をそろえないとはじまらないよなぁーと思うこと半年。
届いたセール案内に、25番刺繍糸のお得情報あり。

交通費を考えると、通販もありかぁ〜と思っていたところに、別件発生。
そちらは、地元では対応すること不可能で、対応可能な店舗へ出かけなくてはならないという事態に。
ならば、買い出しの途中で寄れるところへ行こう!と合わせ技(?)で通販ではなく、セールへ出かけてきた。
用事も少々難儀したけど、無事、完遂。刺繍糸もばっちり色番をそろえることができ(運よく、棚になかった色は在庫のあるもので、出してもらえた)。

しかしね。
パッチワークのほうの店舗内と刺繍糸などのほうの店舗内とでは、客年齢がかなぁ〜り違っていたような気がする。
なんだか...ね?

joyfultulip at 17:28|PermalinkComments(0)