私の時間

2021年05月11日

自動販売機、「今でしょ!」

(c)3.tomy 特に、自動販売機をチェックして歩いているわけではないのだが。
なにげなーく目に留まった「除菌」の文字に、つい、近づいてぱちりっ。
2年前には、おそらくここはなにかドリンクがセットされてたはず。
1年前には、これがセットされてたら、おそらく売り切れランプがついてたはず。
今は...。

まぁ、販売方法として缶に閉じ込められてたら衛生的ではあるかなぁ。
でもさ、この自動販売機があるのは住宅街。
まっすぐこの自動販売機の前の道を5分歩けば、遅くまで営業しているドラッグストアがある。

まぁね、この自動販売機があるのは小さな広場の片隅。
朝(ドラッグストア営業時間外)からゲートボールを楽しむ方々が、ちょっと忘れた!の場合、取りに戻るよりは「あそこに売ってるよ!」と促されるかもしれないね。


缶ってよく、期限を2年で打印されてたりするけど、これらも2年なのかな?
それとも、期限(消費...だよね? 賞味じゃないもんねぇ)がついてないのかな?
缶の中なら、アルコールも蒸発しないのかな?



joyfultulip at 10:54|PermalinkComments(0)

2021年02月22日

にゃん、にゃん、にゃん...に寄せて。

(c)3.tomy 「猫の小さなキルトがほしい。猫はちょっとイヂ悪な感じがよい。」
TVで「猫の日」と言っていたのをみて、ふっと思い出した依頼とこのキルト。
いつだったっけかなぁ〜とブログをさかのぼると、3年半前だった。

もう?
たった?

わからない。

発送前にタイミングよく、ファミリー・クリスマス兼父の誕生会がひらかれたから、その際に、北に旅立つこのキルトを見てもらった時の事。
甘いものも大好きだったこのこの7匹の飼い主。キルトと一緒にお菓子も入れようかと思ったら、母に止められた。
良かれと思って…は、その家族にいらぬ手間をかけさせることになりかねない...と改めて気が付いた。
そして、いつかがそう遠くはないだろうとは知らされていた。




お別れにはいけなかった。
合掌。


joyfultulip at 11:33|PermalinkComments(0)

2021年02月06日

細かい指定があるから印刷できる。

郵便局 年賀状をプリンターで住所印刷する人のほうが圧倒多数。
ほとんど手書きで宛名を書かれているものにお目にかからなくなった。

すでにそれらをサポートするアプリケーションのバージョンは2桁にはいっているが、その昔、昔、バージョンが1桁時代に届いていた年賀状には郵便番号がずれてプリントされていたのもあったのを覚えている。
(今は、ずれているものを見ることなど、まず、ない!)

ふと、この郵便番号枠について調べてみた。

うひゃ〜こまかーい。
位置指定は右上角で、そこから一番右端枠(郵便番号末尾)の位置がきまって...。
枠の線の幅のしてもあれば、色の指定もある。

え?
郵便番号枠って色の指定があるの?
インクの禁忌色らしき記述もあるぞ?

目の前にある絵葉書(国立博物館発行で、我が家当て届いたもの)って、指定色で枠は印刷されてないけど?
試しに定規を取り出して計測すると、まぁ〜位置・サイズはあってるわ(当たり前か)。
たぶん。
この指定通りでプリントされた枠内に読み取りやすく書かれた郵便番号は、郵便局で自動識別でぱぱぱぱっと機械で仕分けできるんだろうねぇ。


でもさ。
郵便番号を赤で印刷したら、他も赤で印刷しない限り、宛名面の印刷は多色(2色以上)印刷になっちゃうよねぇ?
あぁ、だから、市販の絵葉書は文字の情報のほうに合わせて枠も印刷しちゃってるのか?

そんなこんなを思って、ふと、プリンター用紙「はがき」となってる袋から1枚取り出してみたら郵便番号枠はちゃんと赤でプリントされてる(それ以外はもちろん白紙)。

ふぅ〜ん。

joyfultulip at 15:29|PermalinkComments(0)

2021年02月04日

ぞろ目。

(c)3.tomy 気がついちゃったので、安全に停車できるところを探し。
ぱちっと1枚。

どうでもいいようで、どうでもよくない気づき?


joyfultulip at 16:51|PermalinkComments(0)

2021年01月26日

2013年に触れたTOKYO 2020の今は...。

古い記事のリンク(他サイト)を確認していて、2013年に「赤毛のアン」シリーズにハマり読みしていた一連の記事を開いたら、「絶望は自由人、希望は奴隷」という言葉を拾っていた私と遭遇した。

出展:
虹の谷のアン (講談社文庫―完訳クラシック赤毛のアン 7)

作者が牧師の妻だからだろうか、伝え読んだ作者自身のその育ちからなのか、このシリーズには今でも十分すぎる名言が多い。
「希望は奴隷」というニュアンスはこのシリーズだけではなく、米ドラマ(映画)にも同じニュアンスの表現がよく登場するので、もしかすると聖書に関係する考え方なのか?とも思うこともある。
2013年の私は、当然、4年毎にぴちっとオリンピックは開催されると思っていたので、この時の「希望」は大会そのものの開催ではなかったが。
ただ、予定開会式日から半年となった今月、「希望は奴隷」はまさにTOKYO2020を連想する言葉としてあまりにハマりすぎ、それ故に、ほとんど文字に目を留めず機械的にリンク確認、修正作業等をしていた、2021年の私は反応してしまっていた。

そして、「絶望は自由人」。
これも、またTOKYO 2020に対してぴたっとはまってしまう可能性もあるようで。

TOKYO2020は、「復興」もテーマになっていたこともあり競技会場は決して東京とその周辺県のみでは構成されていない。
現在は、「希望は奴隷」。はたして、「絶望は自由人」となるXデーはやってきてしまうのだろうか?


そういえば...。
「絶望は自由人、希望は奴隷」はキルターとしての今の私にもちょっぴり当てはまっていたりする...か?

一部、変更不可能なところをのぞき、HTTPS化処理完了。
はあ〜やれやれ。


joyfultulip at 16:35|PermalinkComments(0)

2021年01月24日

タブ、いっぱい出しまくり。

(c)3.tomy HTTPS対応作業中。
山は超えた感はあるんだけど、まだまだたっぷり残っている。
古い記事を繰っていくと、1記事に複数画像で熱心(?)に書いているときもあれば、1記事文量それだけなときもある。
ほとんど文章は読みなおしていない(読み直していたら、まったく終わる気配がないから)が、それでも思い出す当時の制作”気分”。
いま、あの時の制作時の超ワクワク感があるかなぁ〜と思うと、やっぱり、昨年夏に「中止」となり、手帳更新時にも予定を繰り越し記入することもなかった空白の「東京ドーム」の影響が大きいかも。
ある年は、たまったキットを少しでも減らして「初売り」に備えようとしていた年末だったり、制作中のキルトの生地のプランニングをして「キルトマーケット」への出陣(?)にそなえてたり。

もちろん、それらのワクワクもずーっと昔からあったものではなく、時とともに手に入れていったもの。
これから、また新たなるワクワクの仕方を探していかなくてはいけないんだろうなぁ…と思いつつ。
もうちょっとPC作業続けましょ。

しかし。
「国立」とつく機関のHPが今だHTTPS化していないことに、民間のテレワーク(仕事のデジタル対応化)をいうより...と思い、耳に飛び込む大声を室内でだしているらしき国会中継(ニュース映像)。
屋外のスポーツだとNGなのにねぇ?
不思議だねぇ。

joyfultulip at 14:29|PermalinkComments(0)

2021年01月19日

閉じていく、閉じていった店たち。

(c)3.tomy この画像が発掘されたのは、2016年の記事。
かつてパッチワーク講師として活動していた友人(現在は職としては活動停止中)のオンラインショップに参加していた時のものだった。
西日本に住む彼女が、上京(この表現、彼女にとっては「え〜!」というのが私的にはとってもツボでつい、使っちゃう!)の際に出かけた思い出などの記事からリンク確認などしていても、どうやら閉店、もしくはネット上でのサイト閉鎖などでしてしまっていたらしいショップなどもありで、時の流れなどを感じつつのこの数日。
そんな中で、再び、発見の店舗閉店(閉店セールはこれから)のお知らせ
一応、お知らせ記事へリンクをはったが(注意等の記載・著作権もあるため、詳細は直接お店サイトでご確認を)...。この私の記事自体も後に消滅するだろうこの店舗サイトへのリンクは削除更新を行わなきゃいけないんだなぁ〜なんて思ってはいる。

そもそも、今回のリンク更新作業などでサイトチェックをして知ったりしたものがあるということは、私自身が実店舗・オンラインショップでの利用はもう何年もなかったということ。ショップが閉店していた今までの中で困ったこともなかったということ。
だけど、「そこにある!」なにか買い出し探索が必要になったら「そこにある!」という安心感はとっても重要だった。まぁ、ショップにとっては一銭にもならない客のようで、友人・知人に聞かれれば紹介はしていたので、一銭くらいにはなってた客かもしれない(笑)。
その中でも、今回の閉店ニュースが届いたショップは「そこにある!」の重要ショップ筆頭だったので...。

西荻窪へ降りれば、数店探索できたんだけどなぁ〜と、友人たちとの楽しき思い出とともに過去記事に浸ったひと時。
そういえば、あの時、タイミングが合いもう一人のオンライン上の友人と初対面、楽しいひと時があったんだ!
会えそうで、会えない(近くはないのよねぇ〜同じ「関東」くくりの中に住んでるけど)彼女のブログは、今でも楽しみの1つ。


joyfultulip at 11:04|PermalinkComments(2)

2021年01月08日

再び、六角形包み。

(c)3.tomy 表計算ソフトを使って、デザイン画から算出して、カットした数記録して。
その結果、大量にカットしすぎた六角形がでているってどうよ(笑)?
一辺12mm六角形用にカットされたちっちゃなピースはそのまんまでは何ともならずなので、現在キルティング中のキルトから取り外したよれっよれペーパーライナーたちのリサイクル活動に包み始めた。
なにを作るわけでもなく、何の用があるわけでもないので、ちょっとの隙間時間的な時の手慰み作業用。
切りすぎピースもあるけど、切り落とし細長生地もでているので、それも六角形に整えてカット。
常に何かをやっている〜な日々は2021も続くのであった。


ここからはHTTPS対応などなどのここ数日のPC作業な雑記。
ぶろぐ村の反応関連については、たんに私がちょっとばかり気が短かっただけなことで、前にHTTPSへ移行しようかと思った際にももう少し待ってあげればよかっただけのことだった。
ただ、ずいぶん前にHTTPS化しようとして挫折した過去があったので、別のブログサービスでも検証しようという気になったことから、アメブロへのデータ移行(すでに移行済みデータはほぼ削除)を行ってみていた。
そこでアメブロとライブドアブログとの差など、データ移行の問題等の洗い出し(今日現在のサービスレベルでの話)ついでに、すでにここの記事群にもずいぶんリンクの問題や画像欠損などがあることも検証する”はめ”になった(苦笑)。
こういうことを始めると、元職歴からののめり込みとなっていき...。

あ〜肩こった〜。

とぼやいたところで終わってない修正作業。
興味のある人がいるかはわからないけど、ライブドアからアメブロへのデータ移行で私がひっかかった点だけ書いておく。
ライブドアではカテゴリーが入れ子(2段階)で指定でき、私も愛用している。
これがアメブロは1段階なので、そのままな構成を再構築することはそもそもできない。
もし、私が1段階カテゴリーしか指定してなかったらどうだったかはわからないが、持って行ったデータはすべて「ぶろぐ」というカテゴリーにどーんと放り込まれて仕分けされず。
ライブドアでは、アフェリエイトを記述することができるが、アメブロではアメブロ提供のサービスを利用しなくてはならない。
参考文献などでアフェリエイト記述が入っているため、それらの記事は移行後ぜーんぶ「下書き」扱いにされアメブロでは公開記事にならない。
参考文献程度なので、品数は少ないが、関連記事ほぼすべてに入っているこの記述を1つずつ開いて直すのか?と思うとげんなり。
ただ、この移行作業をしてみたおかげで、このブログの古い記事におけるアフェリエイト記述が現在対応されていないコードになっていたことが判明。これはただいま修正(表示されない=参考文献非表示となるから)中。
このほか、記事の作成画面の差や、テンプレートのこと、あれやこれやの違いは当然あり、まぁ、そんなもんっしょ?と。
と、このカテゴリー問題とアフェリエイト記入のある記事下書き化問題のため、データの移行をそのままアメブロに残しても仕方がないのでさっくり(でもなく、これまた結構クリック数超多し)削除するに至ったというわけ。
まぁ、アメブロのIDも取ったし、久しぶりにCSSなどいじり始めたらやろうかなぁ的気も起きたような起きてないようななので、アメブロのほうは別途利用を考えようかと思っているところ(イツダロウ?)

そして、このデータ移行(消したから、結局してないんだけど)において発覚した画像欠損とリンク切れ etc. は絶賛、作業中。
100%終了!とは宣言できないけど。


joyfultulip at 15:57|PermalinkComments(0)

2021年01月07日

HTTPS対応、しました。

1月6日午後より、HTTPSへ対応適用しました。

2020年以前に個人的にブックマーク等いただいて、HTTPS非対応のURL(http://blog.livedoor.jp/joyfultulip/)へ直接アクセスされている方も、HTTPS(https://joyfultulip.livedoor.blog/)へリダイレクトされているため、旧URLでも表示されていることと思います。
お手数ですが、ブックマーク等をしてくださっている方は、下記のHTTPS対応アドレスへ変更をお願いします。 https://joyfultulip.livedoor.blog/

ぶろぐ村への反映も昨晩確認できたました。
ぶろぐ村のブログリーダー等をご利用の場合は、このまま問題なく記事更新通知等にて新規記事がリストされると思います。

なお、過去記事にHTTPS非対応リンク等がある場合に、ご使用のブラウザーで警告メッセージ表示されることがあります。なにぶん、1x年続けているブログゆえに、すべてをチェックすることは時間がかかるため、ご容赦願います。
と、書いていてやり方を思いついたので、時間を見て直していこうかと思っています。



joyfultulip at 11:35|PermalinkComments(0)

2021年01月01日

謹賀新年

(c)3.tomy
2021年

ゆっくり一歩ずつすすもう。


joyfultulip at 08:00|PermalinkComments(0)