額もの

2020年12月30日

チューリップの花束(トラプントの白い額絵)

(joyfultulip instagram) まっしろでちょっと印影をうまくつけきれずの撮影だけど、年末でぱたぱたしているのでこのままアップ。
すこーし見やすい?拡大はinstagram(画像にリンクあり)にて公開中。
テーマが「花」でのデザインとくれば、大好きなチューリップでもチャレンジしてみたく、bouquetの文字(花の裏側は文字反転)で囲い込んだ花束スタイルにデザイン。
すこし小ぶり(指定サイズB4だったが、A4のフレームにぴったりサイズ)に仕上がったので、これも展示会へは行かず。


年の瀬、明日のブログはあるか不明なばたばた(冷蔵庫のせい)なので、2020年を振り返っておこう。
例年通り、大判サイズのタペストリーを2019年秋から2枚同時進行で始め、1枚は完成。1枚は絶賛(笑)キルティング中。
どちらも、ペーパーライナーを使用した六角形、私的アニバーサリーからのデザイン。
小作品としては、このトラプント額を含め、花をテーマに3枚仕上げ。1枚は来春予定の展示会出品に。
そもそも、その来春予定の展示会タペストリーは中判サイズのタペストリーが指定サイズとなっていて、それもあって、作ったのが楽しい牛のひざ掛けキルト(笑)。
そのほか、エコバックなどぼちぼちソーイングしたし、帽子(実は2つ)を編んでみたり、長年のレース編みに区切りをつけたり。
あ!そう!長年のレース編みのベッドカバー(もどき?)に区切りをつけたんだ。
しっかりした写真もとってないし、終わりの記録もしてないのは、また、2021にでも。
ただ、もっと大きくしようかとも思ってたことから、レース糸が大量在庫となっているのは、これまた2021以降の課題。
一方で、今年はキルトにざっくりとステッチキルティングという形でステッチを楽しんだこともあり、クロスステッチなど刺繍(だけ)の時間をとってなかったなぁ。


年の瀬、あれやこれやの2020年。
振り返ってみると、しっかり365日(うるう年だから、大晦日が来てなくてもすでに365日だ!と今、気が付いた)分の時間が過ぎた結果があった。



あと1日、366日目の2020年が穏やかでありますよう。

joyfultulip at 15:38|PermalinkComments(0)

2020年12月12日

白い花束 (白いトラプントキルトの額)

(joyfultulip instagram) 次回展示会の共同テーマで制作した作品のうち、展示会に不参加となったキルトを額装。
なんとなく、白いクリスマスなイメージでリボンでまとめた感じにしたけど、花嫁を先導するブライズメイドなどが持つ小ぶりなブーケな感じとも。
背景に八角形のパターンを敷き詰めて、トラプントキルトとしてのバランスがどういう風になるかを見て見たかったことで作り上げたデザイン。


額サイズ:B4

joyfultulip at 14:54|PermalinkComments(0)

2020年01月19日

ファブリックパネル「日出る」完成。

(joyfultulip instagram)
昨年の今頃(?)ざわざわしていた日本キルト大賞発表。
(注:今年の新たな受賞者ではなく、前回の受賞の時のこと)

大賞を受賞し、その作品に独特な手法が使われていて、その作者が同じサークル(教室)の大先輩!となれば、ラッキーがこぼれてくる。
2年に1度の展示会に大賞作品が登場し、間近でガン見でき、それを背にしょってその技法を直伝していただけたという。
たくさんの試行錯誤、効果の検証 etc. の末にあの大きなタペストリーを飾った技法は「山谷」と命名され、いろいろなことを教えていただけたのはスーパーラッキー以外のなにものでもない。

なのに。
仕立ては見本通りにしてない。
それもこれも、すっかり忘れていた在庫にこの帯地(古布、解体端切れ)を見つけたから。
赤くぽこぽこしているブロックは太陽フレアに見え、波柄は山に見え(画像に設定したリンク先に部分アップあり)。

すっきりファブリックパネル仕立て。
2020年パッチワーク作品完成第1号。
縁起・景気よく名前もつけちゃった(笑)

joyfultulip at 11:00|PermalinkComments(0)

2019年07月04日

ピンズ・ギターの額 完成

(joyfultulip instagram) (額ベース)とタイトルにつけつつ作っていたペーパーライナーの六角形つなぎは、相方くんのコレクションのピンズ(ホワイトメタル製)を飾りつつ保管するための額。
ぴったりの銀色フレームを百円均一で見つけてにんまりして始めたプロジェクト、完成〜。
ピンズなので、針がぶすっと刺し貫いて裏で留め具でとまっている。
撮影時は上からライトがあたって、ホワイトメタルがぴかっているけど、実際はこんなにぴかぴかしたものではないので、額のなかで肝心のピンズは埋もれてあんまり目立っていない。
そのため、離れてみると、ただの六角形がはまったフレームにしかみえない(笑)。

一番右にある八分音符は、ピンズではなくブローチで眼鏡ホルダー(音符の空洞にひっかけられる)。
読書用メガネが必要な相方くんが「使う」といって買ったけど、ここにこうやって留めつけてしまっても文句を言われないってことは...。


額は置き型だったため、吊り金具(三角カン)を裏に取り付けて壁掛けに変更。机に置くのための裏についている額立て部分の厚みは、ちょうどピンズの留め具に厚みがあるので、そのままにしていて壁にかけてちょうど安定する感じなので外さず。

joyfultulip at 17:05|PermalinkComments(0)

2019年06月07日

9つの「一重のばら」でリース額。

(joyfultulip instagram)
くっきり一重のばら(六角形7枚でできる花についているパターン名)を浮かせるには、ハンドキルティングよりミシンキルティングがよいかも? と。
すべての目がずーっとつながっている=糸のあるところすべてが引っ込むミシンキルトを花と土台との境目にゆーっくり走らせる。
サイズが小さいので、普通のミシンで普通のミシン押さえで普通にミシンをかけた(笑)。
ミシン押さえの幅でエコーキルトも少々いれた。
中央のばらではない緑色のピースにはなんとジグザグミシンをかたかたかた。
しっかり、緑が引っ込み、ばらがぷっくり。
ばらとばらのさかいめのチョコっと部分は、下がってほしいので際っキワ(ほとんど巻かがりの縫い目の上?)をハンドキルト。
ペーパーピーシングなので、縫い代が割れているので、落としキルトのルール=片倒しの縫い代のない方にキルトができないが、花の真ん中までぜんぷっくりもしまりが悪い。
どうすべ?
小さいし?

ということで、買ったはいいが開けてもなかったカラフルビーズのアソートパックを開けて、真ん中を抑えてみた。

ぜーんぶ、なにかのキルトの超端切れ。
台布と裏布は同じYシャツの右袖と左袖。
(Yシャツ利用(=針通りキツイ;)だったので、ハンドキルティングしたくなかったというのもある。)
キルト綿もなにかのキルトの切り落とし。
新品材料は、ペーパーライナー(既製品)とビーズと縫い糸…かな(笑)

いっくらでも材料あるのに、このちょーっとが捨てられずごちゃごちゃ化している材料入れ。
ちょっと片付いて、気持ちすっきり。

かわいいく、できた。

あ、関東地方、梅雨入り発表だって。


joyfultulip at 11:53|PermalinkComments(0)

2018年12月20日

額装完成。(Ballerina Green:DMC)

(c)3.tomy ようやく額装完了。

実はこれステッチ完成後、一度、「ちゃんと仕立て終えよう」と思ったことがあったのだがその時、行方不明となり作業断念した過去がある。
行方不明の原因は、「どこ」にしまったかを忘れたから。
覚えていたのは、「なくならないところにいれた」ということ。
それが、先だっての「生地散らかし放題を片づける」(断捨離ではない)作業の際に発見されたのだ。
どこに”ちゃんと”しまわれていたのかというと…。
それは、これより先に刺して仕立てておらずクロスのOCHEAN WAVEのド派手な黄色のクロスの袋のなか。
このド派手なクロスはしょっちゅう見ていたが、まさか同じ袋のその下にこれが埋もれていたとは、記憶のかけらものこっていたかった!
どうやら、とりあえず片づけようと思った際に、なくならない場所、きっと気が付く場所として、このド派手なクロス(同じクロスステッチだし)と一緒に保管することを思いつき、「なくならない!」ということに満足したのち、「どこにいれた」を”記憶することを忘れた”ようだ。
あーあ。
しまった場所を覚えず、「なくならないし、目につく」ことだけを覚えていたというお粗末さ。
たしかに「目にはついて」いたが…ねぇ?
ステッチを完了した際も、ペタンコトートに仕立てようか、額装しようか悩んだが、今回もしばし悩んで、とりあえず額装することに決定。
一度本で見ただけの二重に枠がつくスタイルをやって見たくて、工作作業少々。
フレームが白のほうがいいかとは思うが、在庫にあったのは木目だったので、年の瀬、モノを増やす気になれず妥協。
すぐやる箱から1つ、「すぐやった」になった。


これで、ステッチしただけ見仕立てクロスはのこり3枚(...‼!!)になった。
もちろん(笑)、そのなかにはOCHEAN WAVEも含まれているのだが、これは、いまだどうにも形にできず...で、結局、「すぐやる箱」から「いつか…ね箱」(新設)に移動。


joyfultulip at 14:59|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

刺しあがり。(Colourful Dishes:DMC)

(c)3.tomy すっかり刺しあがり画像を撮り忘れてたことを”忘れてた”これ。
刺繍糸を必要として、「あ!」と思ったことでやっと写した。
撮るにあたって、ちゃんとアイロンもぴしっとあてて。
アイロンをぴしっとあてながら、はて、お仕立てどうするべぇ?と思案。
クッションサイズではあるんだけど、それは現在キルトで制作中だしなぁ。
かる〜く周りをつけてタペストリーにでもしておこうか。
そうすれば、気が変わったときにどうとでも変身させられるし。

こうやって、お仕立てを決めずたたむと、また皺がつく…。
お仕立て決まらぬうちなので、とりあえず、完成品-額ものにカテゴリーはいれておこう。
何か仕立てあがったら、そっちを完成品カテゴリーのどこかにいれて、これを外せばいいしね。


joyfultulip at 16:32|PermalinkComments(2)

2018年08月27日

Hugs and Kisses 額装完了。

(c)3.tomy
ありゃ、ちょっとピンぼけ。
ま、いっか。
キルトラインは、ベース部分をすべて1cm幅の水平線でキルティング。
Xは中にX字にキルティングをいれて、Oの細さとバランスをとった。
赤い子供が洗濯物のまわりで遊んでいるような柄は、XやOのベース部分として切り刻んだら、絵が切れちゃってうっとうしい見辛さがでるかな?と思っていたが、ベース色(生成り)と赤だけのプリントだったせいか、意外や意外と縫い合わせで変にくっついたり切れたりしている絵は気にならない結果になったのはラッキー。
むしろ、水玉やチェック、ラインのようにはっきり目で「つながり」を追ってしまったりするプリントよりはぎ合わせが目立たないということがわかり、今後、パターンで遊べるタイプの柄と判明。
判明したけど、このプリントはもう10cmx12cmくらいの端切れ残りだけ〜(笑)。

できたてほやほや、しばらく飾っておきましょ。

joyfultulip at 10:12|PermalinkComments(0)

2017年12月16日

クリスマスオーナメントをティッシュボックスに仕立て直し。

(c)3.tomy 展示会のクリスマス・ツリーを彩るオーナメントを3種類制作。
1つはクリスマスのブーツ。
(実物を引き取り忘れ、そのまま即売会へ行ってしまったので写真なし。)
1つはギフトボックス。
(ひし形3枚でできたもので、写真奥にちらっと写っているもの。)
1つは、フレームに刺繍枠を利用した、トラプント作品。
白飛びして写ってますが、これは色糸が入っていてうっすらとピンクの象に仕上がっている。デザイン参考はウィリアム・モリスのプリント木版。)
3つ作ったのだが、仕立てあがった状態で写真を撮り忘れ、1つは展示会を見に来てくれた妹が気に入ってほしいと言っていたのでプレゼント済み。
私は、刺繍枠を「刺繍枠」として使いたかったので、このままでは飾らず、すでに解体してしまったので、展示写真のこれが唯一の「完成」写真。
最初、解体後のトラプントも裏打ちと合わせて再び丸いオーナメントに加工しなおそうと思って、厚紙もカットしていた。
そこでふと思いつき…。
おさまるかサイズをチェックしたらよさそうだし、ピッタリの「冷たい」プリントもあったので、ティシュボックス(実は3つ分箱は組み立て済みだったのだ)に張り付けることを思案。
もちろん、そのままのサイズでは側面1つすら覆えないし、3層に縫い合わさっているし…で貼り方を考えること数分。
(それ以上かかるようなら断念しただろう〜)
かつて見た小さな刺繍作品をフレーミングしてカルトナージュする手法で行くことに。
こんな感じにできあがり。
なかなか、よさそうでしょ?
(c)3.tomy
あと1つ、残っている(写真の象の作品。こちらはサイズが大きい。)ので、再仕立て待ち。


joyfultulip at 10:47|PermalinkComments(0)

2017年10月24日

「猫」額キルト、完成。

(c)3.tomy 本日、依頼主へ発送。
依頼は、「猫の小さなキルトがほしい。猫はちょっとイヂ悪な感じがよい。」というもの。
イヂ悪感はともかく、キュート・かわいい風じゃないほうがいいということで、トラ猫が好きだとも言っていたので、1匹はトラ猫を入れようとデザインをがんばった。
猫通ではないので、「また八」なる柄の出方の猫もあると今回知ったので、また八猫も1匹いれた。 顔は、最後にひげ(この写真だと見えないか?)を刺繍でぴっと入れたら、めっちゃ猫感UP。
プレゼント品なのに、このキルトにはタイトルがある。
「猫」
である。
わかってもらえるかな?


これにて、しばしほかって抱え込んだままだった依頼が完了。
7匹の猫たちの新しいおうちでは、現在、外で雪がふっているらしい。


この額キルト、作っていたタイミングが東京ドームで開催されているキルト展のコンテストの締め切り月と重なっていた。
ちらっと、応募がよぎったが、そうすると、運のいい結果に恵まれたら(このレベルで言うな!とのささやきがどこからかちらちらと聞こえてきそうだ)2月まで依頼主に送れない。
うーん…それはちょっとまずいかもしれない…かも…があり、さっさと送ることに(応募しないことに)した。
いつか、額部門に応募するぞ!と作ってみたいとは思うが、なかなか、「額でこそ」と思えるデザインの種が見つからない。それゆえに、作っていたタイミングとサイズとオリジナルなキルトなことから、ちらっと「応募」がよぎったのだった。
友人・知人に、「いつか額部門に応募してみたいなぁ〜」と口走っているので、1次結果がでたらしき時期に完成品UPでいらぬ深読み(しないかな? 誰も?)のなきよう、ちょっと書いてみた。
そういえば、額部門のスペシャリストの友人は、今年はどうしたんだろう?


joyfultulip at 14:48|PermalinkComments(0)