ブランケット

2022年07月02日

キルトのベース(配色)は2タイプ。/ かどっこ。: day 49

今回作ろうとしているのは、「パターン・ブロックのベース」と「キルト全体のベース」のベース配色が2つあるスタイル。
そして、決まってないのは「キルト全体のベース」のほう。
キルト全体のパット見た瞬間の印象を決める大きな量を使う配色で、それがまだ、ぐるぐるぐると回ってるところ。
パターン・ブロックのベースは、決まって・・・・・いた。
そう、過去形。
用尺計算なんぞしていたところで、それなりに量が必要だということや、あれやこれやと天邪鬼が騒ぎ立て始め、統一色でパターン・ブロックのベースとしようとしていた案が35度越えの熱波の中溶けていった。
あまりに元気な天邪鬼によって思い出された使い残しのお気に入り生地を引っ張り出しに、”くっそ”暑い生地置き場に戻ると、思っていたより残っていてぎりぎり足りそうな感じ。
(明らかに足りなければ、あきらめて統一ベースに戻れたのに。ちぇっ。)
今回作ってみた用尺計算ツールに、残量生地の計測値を入力、必要ピースデータ入力、パズル作業とやってみると、

「くっ。足りるじゃん」

こうしてパターンブロックのベースは配色ごとに変わる羽目になっていった。

あぁ〜。
どんどん、にぎやかな配色になっていく…予感。
簡単パターンのはずなのに、なぜにこう複雑化していくんだ?????

ステッチは、下部の両角へ到達。
画像でお分かりの通り、(ほぼ)定点画像は左寄りに設定されてしまっていた。
画像にもインスタグラムへのリンクを貼ってあるが、複数画像を1投稿で掲載できるインスタグラムでパラパラ漫画もどきのように、過去にステッチ画像が戻って見られるよう、(ほぼ)定点画像に加工しているため、イマサラジローで左寄りのままゴールまで突っ走るしかない。
左下が切れなければ。
(c)3.tomy

joyfultulip at 09:14|PermalinkComments(0)

2022年07月01日

カラフル配色でいこう!/もくもくもくもく黄色x4は続くよ: day 48

キルトデザインも、「縫合わせることができる」ところまでは落とし込み完了。
在庫生地にもっとオレンジ・オレンジした色のプリントがあると思ったけど、この2年で”買った”と思っていたプリントは、思っているより黄色かった。
ま、いっか。
いつも、配色生地などは「この辺りも行くか?いけるか?」的感覚でごそっと引っ張り出すので、今回も、そんなノリでごそっと引っ張り出した。
スクラップ・キルトを作るつもりではないのだが、そんな雰囲気がでてもいいかなぁ〜的配色で行こう。
ただ、全体のベース生地の色は決まってない。
電力需給ひっ迫ニュースと節電要請と熱中症予防の冷房利用とで、日当たり良すぎて冷やしたそばから温められる2Fからはすでに脱出しているが、生地は2Fに保管されている。
あけた引き出しの中の生地はほっかほか。
ぱぱっと選べるものを引っ張り出し、いざ、ベースは〜と用尺のある生地ボックスを開けた時には、思考が停止し始め。
とりあえず、配色生地のカットが進んでからでもいいかぁと、天気予報の「来週は少しましらしい」に期待をかけての決定延期中。

あ!そうだった、今日は7月。
(”まだ6月”を言いすぎて・聞きすぎて、なんだか”やっと7月!”な気分)
先月後半の予定だった作業が今月頭に予定変更となっていて、「ずれたから」と手を付けてなかった準備をせねば。
なんだか、気温が30度を超えてからずーっとPCをいじってるなぁ。

(c)3.tomy こちらは、下部の黄色4種をもくもくと。

ふぃ〜あっち”ぃ。


joyfultulip at 12:56|PermalinkComments(0)

2022年06月22日

ベース色選び…?/効果糸との3本どり。 :day 42

(c)3.tomy 1つこだわりをかえたら、動き出し、なんとか絵がかけた。
このまま配色はカラフルにいくか、変えるか、未決定だけど、背景色(ベース)でちょっと遊んでみた。
無難な思い付きはあるんだけど、前々回、実物在庫から、「これ?」という色を合わせたら「いい!いい!」(あくまで一人上手)となったこともあり、色替えは簡単(PC上なら)なので、適当に数色当ててみた。 花火みたいな絵にも見えたり、和風な浴衣柄に見えたり(サムネイルってものある)、普通だけど”きれい”ではあるなぁ〜と思えたり。
配色思案あるので、こちらもまだ決まらず。

(c)3.tomy こっちは、効果糸とか呼ばれるコットンではないキラキラ糸x2本+#25x1本の3本どりの部分を刺し込んでみた。
効果糸がするるるんするるんするるん。
全部同素材ならまだしも、1本だけコットンがはいるから、糸の扱い違いでずれるずれるずれる。
この糸、たーくさんセットされているんだけど、この糸でビーズの止付けもやる指示になってる。 (キットなので、使用する糸は”基本的に”全部セットされている)
この指示無視して、ビーズの止付け時には普通の縫い糸つかおうかなぁ。


joyfultulip at 11:50|PermalinkComments(0)

2022年06月21日

収まり悪く、終わらないキルトデザイン/縦1列、黄色。: day 41

パターンは決まっていて、サイズはなんとなぁ〜く決まっていて。
だけど、収まりが悪くって収束に向かわないデザイン。
途中、途中の図を保存して、フォルダーでみるサムネイルは、どれもかわいい。
そう、「切手サイズならかわいい」(ミニチュアキルトにしたって、切手サイズでは作れない)。
そこまで小さい絵だと、”超概要”しかみえないからだよなぁ。
あ! この中の一部は絵はがきとしてつかえそうだ。
そんなことをサムネイル見ながら、昨日もあきらめ終了。
ぼちぼち、”いくぞ!”な絵を仕上げたいキルトのデザイン。
こちらは、そんなグダグダ気分で”間違えず”させるところ、ただひたすら縦ラインを刺して、おしまい。
(c)3.tomy

joyfultulip at 09:46|PermalinkComments(0)

2022年06月17日

分割違いの同名パターンで悩む。/"3"は薄ピンクだった。: day 38

昨日は、「暑くなる」が外れてラッキーなアンラッキーな。
今日は、「暑くなる」が当たって洗濯物は乾いた。

絶賛、デザイン中!ということになってる、キルトデザインは、ふと、気が付いたことで、再び、悩みの沼へずぼぼぼっ。
ラフ画を描いていたパターンは、分割違いの同名パターンがある。
5分割にするか、3分轄のまるっとしたイメージのパターンにするか。
3分轄は、パターン名のイメージと合う感じ(私見)なのだが、5分割バージョンも生地の柄が楽しめそうで捨てがたい。
アメリカンパッチワークのパターンでは、配色・ベース配色の塗分けをかえると、違うパターン名となることも多く、選んだパターンも超シンプルなパターンだから、配色位置をかえると別名にもなったりする。だから、まぁ、名前はどうでもいいっちゃーいい…くらい、シンプルなパターン。
シンプルパターンすぎて、あっちにころころ、こっちにころころ。
もう少し転がしましょか。
(c)3.tomy 画像暗くわかりにくいけど、上部に飛び散る光線(だよなぁ・・・)な2色のうち、”3”で指定されているうっすーいピンク(ほかの位置の”3”も含め)を刺し切った。
そろそろ、使用量小な色に突入し、どんどん、刺し終わった(はず)の色が増えてきた。
刺し終わった色が増えると、終わった気分だけど、単に、使用量の多い色(地図やフレーム部分)をほったらかしているからで、終わりはまだ遠い。


joyfultulip at 17:37|PermalinkComments(0)

2022年06月16日

人を...:day37/キルトデザイン、再開中。

記録をつけようと画面をあげて、違う作業を始めてしまってた。
違う作業…。
PCから離れていたのではなく、PCで画像処理をはじめて、そこから脱線(本線?)していた。
脱線先は、次のキルトのデザイン。
2つ動かそうと思うものがあり、どちらも、共通点は「三角形」。
どちらも、今一つ、「ここ!」的ポイントがまだ落ち着かない。
1つは、なんとなくきれいな絵がえがけているが、「うーん」。
1つは、なんとなくイメージはあうだが、「うーん」。

「うーん」。

ぼんやり三角形を頭の中で転がしながら万年筆のインクを詰め替えてたら、ぶちまけて、真っ青な手ができあがった。
あーあ。
きれいに落とさなきゃ、ステッチはさわれん。

(joyfultulip instagram) アクリル毛糸製エコたわしでハンドソープでこすったら、きれいに青は手から落とせた。
こっちはこっちで、毎日、ちょっとずつ続いてる。
こっちはこっちで、考えることが違うから、続いてる。


joyfultulip at 13:22|PermalinkComments(0)

2020年12月21日

ひざ掛け牛のできあがり![c.c blanket]

(c)3.tomy

光量足らず。
全体をとったけど、イマイチなので一部に加工して完成記録。
考えに考えぬいて(笑)考えなしにお気楽に(笑)楽しくぴちっと仕上げたひざ掛け。
想像以上に楽しい1枚の完成。
あ。
サイズを測るのも忘れたので、後程ぴちっと写真を撮った時にでもメジャーをあてよっと。
大体は100儖味120儖未世隼廚Α

joyfultulip at 14:48|PermalinkComments(0)

2020年12月19日

バインディング中。[c.c blanket]

(c)3.tomy ふっかふかの綿のキルトはふっかふかの出来上がり。
あまりのふっかふか具合に、バインディングの下処理をしたにもかかわらず、バイアステープの縫い付けが雑に(泣)。
折り返してみて、良さげに見えたけどバイアステープの中身の不均等さに、

「やっぱり、縫いなおし」

ふっかふかの綿に食い込むミシン目はくぼみ切っていて、ほどきずらさ1000%!
使い慣れた綿の厚みとのギャップに悶えた晩、ようやく、まつり縫いにたどり着いたのは、ほぼ寝る時間。
あきらめて、翌日へ延長。
ま、いいさ。
冷え冷えの師走半ば、膝の上には作りかけでもほっかほかのひざ掛けキルト。


joyfultulip at 11:31|PermalinkComments(0)

2020年12月10日

ざーくっ、ざーくっ、ざっくざく![c.c blanket]

(c)3.tomy 大判小判がでてくるんじゃないけど。

1ステッチの幅とか、表の針目の長さがどうとか、そんなこと気にせず、太い針で刺し子糸をざっくざっく刺していく。
気にしないののはもう1つ。
色合わせ(笑)。
この色とこの色はあうから〜とか、この色とこの色ではケンカするなぁ〜とか、この色とこの色ではインパクトがありすぎる/なさすぎる〜とか...etc.

そーんなの、かんけーねぇ〜!

むしろ、あえてそういう組み合わせにしたり、同じ色で同化させちゃったり。
色は、単色での見え方(かせで見た色)と複数色組み合わさっての効果が異なり、同じ色なのに、相手が変わると見え方が変わる。
もちろん、あたる光によっても変わり、キルティングは、そもそも一段陰に糸が落ち込んでいくから、さらに変化がでてくる。
今回は、ふっかふかのキルト綿を使っているので、陰の入り方(無地色の色変化)も激しめ。
だからこそ、いろんな色を試して楽しんでみよう。
18色用意した刺し子糸、均等に使い込みましょ。
まずは、かせから1本ずつ18本抜き出し。


と、これは失敗。
かせを切った1本って結構糸が長い。
18本抜き出したら、絡まる事、絡まる事。
しようがない。
簡易版オーガナイザーを用意しましょ。


*ここでのオーガナイザーとは、板状の紙(プラスティック)に一列にあけた穴に、使いやすい長さにそろえてカットした刺繍糸などを糸番ごとに通しておくもののこと。

joyfultulip at 14:06|PermalinkComments(0)

2020年12月08日

バイアステープ準備。[c.c blanket]

(c)3.tomy 当初、白・黒・濃灰あたりのモノトーンで用意しようと思ったバイアステープ。
なにせ、113+プリントというカラフル三昧のキルトトップ。
おまけに、しっかりがっちり目立たせ針目の刺し子糸使用のステッチキルティングも18色三昧。
せめて、バイアステープくらい、しめた方がいいよねぇ〜と思ってはいた。
当てにならない記憶の限りでは、モノトーンのバイアステープの在庫は白だけあったような覚えがあり、どんな雰囲気かを見る程度に合わせてみようと作りすぎによる残りもんバイアステープ入れをごそってみた。
さっくり、白は却下となったのだが、黒の代用品で当ててみた焦げ茶色がなかなかイイカンジにみえ、数十センチしか残っていないこのバイアステープに使用されている生地の在庫もあることで、これで作りたそうと箱を閉じかけた。
ここで起きたのは、いたずら心。
目に留まった同じ幅でカットされていた赤のバイアステープとオレンジのバイアステープ。
オレンジはそれだけでは、白を当てた時に感じた色の弱さがあったのだが、赤は、こげ茶なみに行けそうな感触を覚える。

ふむ?

トップがカラフルなら、周りも、まぜっこバージョンでよいかも?

このオレンジ・赤・こげ茶のバイアステープは、どれも、定番18mmではなく、太版25mmで作っていた、小物づかいでは使いずらい幅もんたち。
それが、3色を合わせると、長さがなんとぴったり足りる⁉

これは、もう、この3色まぜっこバージョンで行けって神の啓示?(イイスギ)

あまりに長きにわたり、厚紙に巻き付けて放置されていたので、たたみ癖がしっかりついているので、いったん、開いて、アイロンをあて、つないで、そして、コの字にテープメーカーを通しなおしましょ。
どれも、同じ25mmテープメーカーでつくろうとカットしたはずなのに、微妙にカット幅が違っていたりするのって、その時の作り手(私)の考えがなにかちがったんだろうねぇ。
18mmだと、常に35mmカットなんだけどねぇ。
数日保管となるので、たたみ癖をつけないように、使い終わってとってあるホイル(か、ラップ)の芯に巻き付けておきましょ。
たぶん、このバイアステープをつけての仕立てが騒がしかった2020最後の仕上がり品となるんだろうなぁ。


joyfultulip at 15:57|PermalinkComments(0)